一緒に選ぶ婚約指輪|相場と費用を比べて決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン豊かな婚約指輪

カップル

ハワイアンジュエリーはハワイで有名な婚約指輪のことですが、日本でも婚約指輪をこれにする人が増えています。素材やデザインやサイドカットにはいろいろなものがありますので、二人にとって素敵なものを作りましょう。

More Detail

沢山あるので比較できます

リング

東京にはハワイアンジュエリーを販売しているお店が多く、商品も多いので比較をして選んで購入をする事ができます。また取扱など十分に注意をして利用すると、長く利用でき南国ムード溢れたアクセサリーを楽しめます。

More Detail

結婚の約束となる指輪

リング

2人で選択

婚約指輪とは、プロポーズを受けた女性が、将来結婚するという約束として身につける指輪です。婚約指輪は、プロポーズの前に男性が自分のセンスで選んで購入することもあります。しかし昨今では、プロポーズ後に男性と女性とで相談しあって購入することが一般的となっています。収入や貯金、挙式にかかる費用、新居の準備にかかる費用などを考慮しつつ、予算内で購入できる指輪を選ぶのです。男性1人で決めるよりも、女性側が好みのデザインなどを主張できる分、女性が満足できる婚約指輪となる可能性が高くなります。そして女性が満足することで、男性側も満足し、一層仲良く結婚へと歩んでいくことができるようになるのです。相場には、ある程度の地域差がありますが、全国平均としては30〜35万円ほどとなっています。

つける宝石

結婚指輪には、宝石がついていないことも多々あります。結婚生活で毎日身につけることになるので、家事などの際に衝撃で、宝石が外れてしまう可能性がゼロではないからです。そのため宝石がついていなかったり、あるいは小さな宝石が土台に埋め込まれているといったデザインになっていることが多いのです。その分相場は婚約指輪よりも安く、男女2人分でも20万円ほどです。それに対して婚約指輪の場合は、宝石をつけることが一般的となっています。しかも宝石の中でも特に高価なダイヤモンドが選ばれることが多く、その分相場が結婚指輪と比較すると高めなのです。ただし相場はあくまでも目安にすぎず、最も大事なことは2人で満足することとされています。そのためダイヤモンドにこだわらず、サファイアやパールといった誕生石を婚約指輪につけるという人も多くいます。

指輪を使ったプロポーズ

指輪

婚約指輪は、プロポーズの際に男性から女性へと渡すのが一般的です。婚約指輪を購入する際には、ダイヤの品質に注意して購入するようにしましょう。デザインなどを決められない場合は、プロポーズ専用の婚約指輪を使うこともおすすめです。

More Detail